信州は松本に移り住んで20年あまり。 朝は4時半に起床、6時からジムに通っています。 好きなのはお酒(弱いけど)。

鉄道博物館に行ってきました

鉄道博物館に行ってきました!!

f:id:chigira1118:20190501095144j:plain

埼玉県は大宮にある鉄道博物館、

通称「てっぱく」へ行ってきました。

 

GWまっただ中の4月30日、

今年は祝日でしたが平成最後の日、

しかも天気は雨。

そんな日に出かける人は少ないだろう、

というお気楽な予想は見事に外れました(涙)。

 

着いたのは開館から1時間経った午前11時すぎ、

入口では入場制限が敷かれていて長蛇の列。

入館するまで20分以上かかりました。

 

入館して最初の目的はてっぱく名物の

駅弁を買うこと。

が、ここでも長蛇の列が!!。

しかも列が進むのがかなり遅く、

買うまでなんと40分もかかりました。

 

お弁当の人気メニューは新幹線弁当、

この時点で既に売り切れ弁当が出ています。

f:id:chigira1118:20190501100209j:plain

新幹線弁当 6種類中既に2種類が売り切れ

僕が狙っていた「はやぶさ号」は売れ残っていてセーフ。

f:id:chigira1118:20190501100444j:plain

ようやく駅弁を買えたあと、

今度は食べる場所を探すのですがこれがまた大変。

 

列車の座席で食べることのできる

人気のランチトレインは当然ながら満席御礼。

 

普通のテーブル席もどこも一杯、

駅弁ぶらさげあっちをウロウロ、

こっちをウロウロ。

まるで駅弁難民と化していました。

 

ようやく食べる席を見つけたのが15分後。

11時に入館して、ここまで1時間15分という

行列に並ぶのが大嫌いな僕にとっては

久々の荒修行となりました(笑)

 

席についたら気を取り直して、

はやぶさ号のフタを取ります。

ジャジャーン!!

f:id:chigira1118:20190501101059j:plain

上から「ミツリンゴ」(グミ)

牛肉のしぐれ煮(みたいな)

玉子焼き、ポテトサラダ、

ご飯はケチャップライスでお椀一杯程度。

これで値段が1250円!!

高いですよね。いい商売してますなぁ。。。

でも容器のはやぶさ号が欲しかったので

文句は言いませんでした(笑)。

 

お腹を満たしたところで見学開始。

あたりまえですが、いろんな列車が

それはそれはたくさん展示してあります。

f:id:chigira1118:20190501101800j:plain

f:id:chigira1118:20190501101908j:plain

f:id:chigira1118:20190501102010j:plain

f:id:chigira1118:20190501102431j:plain

昼飯までの行列三昧とは違い、

館内の展示物は比較的スムーズに見ることが出来ます。

うちら昭和世代にとっては、

昔の特急列車のシートが懐かしく

寝ちゃうんじゃないか?

というくらい羽を伸ばしまして座りました。

f:id:chigira1118:20190501102248j:plain

特急「とき」のシートでくつろぐ奥さん

ワゴンサービスのお姉さん(顏がなく怖い)

f:id:chigira1118:20190501104404j:plain

 

寝台車で遊んでいます。

f:id:chigira1118:20190501104655j:plain

傘をかけない!!

ストーブがある昔の車両

f:id:chigira1118:20190501105211j:plain

火事にならないのかな・・・

列車の展示のほかに、

自分でミニ電車を運転できたりする

体験コーナーがありますが、

そういった人気のものは開館前の整理券配布で

予約が埋まってしまうそうです。

 

子どもだけでなく大人も十分楽しめる「てっぱく」。

できれば平日に行くことお勧めします。

あと、7イレブンで前日までに前売りチケットを

購入すると100円安くなります

(通常大人1300円→1200円)

年間パスポートもあります(大人5000円)

詳しくはこちらを

www.railway-museum.jp

 

以上、平成最後の日の「てっぱくレポート」でした。

今日も最後までお読みいただき

どうもありがとうございました。